出版物一覧

〈刑務所〉で盲導犬を育てる


2009年から始まった日本初のプリズン・ドッグプログラム「盲導犬パピー育成プログラム」のルポ。立ち上げ前から7年以上かけて取材しました。さまざまな罪を抱えた受刑者たちが、盲導犬候補の子犬たちを育てるうちに、命の尊さにふれ、視覚障害者に思いを馳せ、少しずつ生き直しのきっかけをつかんでいく様子を綴ります。彼らを支える地域のボランティアとの交流や、そもそもどうして日本の刑務所でこのようなプログラムが実現したのかなど、背景や経緯もていねいに描いています。アメリカの刑務所や少年院での動物介在プログラムは知られていますが、これはまさに日本初の試み。ぜひ多くの人に知ってもらいたいと思います。

岩波ジュニア新書 2015年2月20日刊行 本体840円+税

Amazonでのご購入はこちらです

やさしさをください 傷ついた心を癒すアニマル・セラピー農場


「わすれな草」という名前のカリフォルニアの農場では、虐待を受けた子どもたちが、アニマル・シェルターに保護された動物たちの世話をします。
人に傷つけられた子どもは、なかなか人に心を開くことができません。でも、
自分たちと似た境遇の動物たちをケアするうちに、少しずつ癒され、他の命を慈しむ心が育まれていきます。動物たちはなぜ子どもたちの閉じた心の扉をすんなり開くことができるのか。どうして子どもたちはそんなに動物に引きつけられるのか。わすれな草農場の取り組みには、子どもたちの心を開くヒントがたくさん詰まっています。子ども向けですが、大人にもぜひ読んでもらいたい一冊です。

岩崎書店 2012年12月10日刊行 本体1,300円+税

Amazonでのご購入はこちらです

いつか帰りたい ぼくのふるさと 福島第一原発20キロ圏内から来たねこ


2012年1月、東京電力福島第一原子力発電所から4キロのところで保護されたオスのトラ猫キティがうちにやってきました。原発事故のために取り残され、何か月も一人で生き延びなければならなかったにもかかわらず、人間を信じる心を失っていない愛情深い猫でした。その後元の家族と再会できたことで、原発事故でふるさとを失った人びとの痛みや悲しみが一気に身近なものとなりました。そこで、キティという一匹の猫の視点から、原発事故によって福島の人々と動物たちに何が起こったのかを語る本を作ることにしたのです。出版以来、多くの読み聞かせの会で使われているとのこと。福島のことを忘れないために、ぜひ息長く語り継がれていくことを願っています。

小学館 2012年11月12日刊行 本体1,500円+税

Amazonでのご購入はこちらです

介助犬を育てる少女たち 荒れた心の扉を開くドッグ・プログラム


カリフォルニアの少女更生施設「シエラ・ユース・センター」には、1993年から続くユニークな教育プログラムがあります。非行をして収監されている少女たちが、障害のある人たちのために介助犬を育てているのです。10代の、それも非行少女たちに、そんなことができるのか、と思う人もいるでしょう。でも、犬のためなら、いやなことでもがまんできる。すぐには言うことを聞いてくれなくても、またやってみようと思える。やがて、訓練を続けているうちに、少しずつ自分が変わっていくことに気づく―。
さまざまな生きづらさを抱え、家にも学校にも居場所のなかった3人の少女たちが、犬とともに成長していく姿を追いました。

講談社 2012年6月13日刊行 本体1,300円+税

Amazonでのご購入はこちらです

はたらく地雷探知犬


2007年の夏、ボスニアで、私はフォックストロットとクッキーという2頭の子犬たちに出会いました。2頭は訓練を受けて地雷探知犬となり、カンボジアに旅立ちます。私も彼らのあとを追って、いまも400万個以上もの地雷が残されているというカンボジアへ。
そこでは、地雷探知犬とペアを組み、ともに地雷原を歩くハンドラーの女性たちや、自分たちの村を安全にするために働く地雷除去員など、戦争の傷跡を乗りこえようとするさまざまな人々に出会いました。
2007年から2011年にわたる4年間の取材をとおし、戦争とその後の復興について考えます。

講談社青い鳥文庫 2011年7月15日刊行 580円(税別)

Amazonでのご購入はこちらです

写真絵本「わたしの病院、犬がくるの


病気とたたかう子どもたちへの素敵な贈りもの、それはセラピー犬。懸命にいのちと向き合う子どもたちにとって、犬とのふれあいは、ひととき子どもに戻れる大切な時間です。日々の生活のなかで小さな喜びをたくさん見つけること。私たちの生を豊かにしてくれるのは、そんなささやかなことの積み重ねなのだということを、こどもたちは身をもって教えてくれました。聖路加国際病院小児病棟を舞台に、子どもたちと家族に深く寄り添って撮影した2年間の記録。

岩崎書店 2009年11月25日刊行 1,800円+税

Amazonでのご購入はこちらです

地雷のない世界へ はたらく地雷探知犬


地雷探知犬って、どんな犬か知っていますか?
世界中に埋まっている1億個ともいわれる地雷を、そ1鋭い嗅覚で探し出してくれる犬たちです。
ボスニアで生まれ、カンボジアの地雷原で活躍するようになるまでの犬の成長を、生まれたての子犬のときから2年かけて追いかけました。

講談社 2009年7月15日刊行  本体1600円+税

Amazonでのご購入はこちらです

平和の種をまく ボスニアの少女エミナ


誰も戦争などしたくなかったのに、気がついたら始まっていたというボスニア。3年半にわたった戦争では、25万以上の人が命を落としたといわれる。だが、戦後11年目を迎えたボスニアでは、一度は敵として殺し合った民族どうしが、コミュニティ・ガーデンという緑の農園でふたたび心を通わせる試みが続いている。この写真絵本の主人公は、農園に通う11歳の少女エミナ。戦争の記憶はない。戦争がどういうものだったか、なぜ起きたのか、大人たちに尋ねてわかったのは、「ふつうの人たちは誰も戦争なんかしたくなかった」ということ。そんな彼女が、敵だった民族の女の子ナダと農園で出会い、大の仲よしになる。「ナダと戦うなんて考えられない、もう二度と戦争にならないためにはどうしたらいいの?」エミナの問いは人ごとではない。戦争をしてはならないという意識が薄れ、平和が絶対でなくなりつつあるいまの日本でこそ、子どもたちといっしょにこの問いをかみしめ、私たち一人一人に何ができるのか考えたい。

岩崎書店 2006年刊行 本体 1500円 + 税

Amazonでのご購入はこちらです

元気になってね フェンディ 子ども病院のチャイルド・ライフ・スペシャリスト


チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)とは、病気の子どもたちのストレスや不安をやわらげ、元気になるよう応援する専門職。アメリカでは400以上の小児病院、救命救急センター、ホスピスなどで活躍している。この写真絵本の舞台は、高度医療をおこなうマイアミ子ども病院。重い心臓病で手術を受けるために入院した女の子と、彼女を支えるCLSとの交流をとおし、CLSの仕事とは何か紹介する。とかく大人中心に運営されがちな病院にあって、CLSはつねに子どもの目線に立ち、子どもの思いを代弁する。日本ではまだ13人と少ないけれど、CLSの活躍の場がもっと広がれば、病院はもっと子どもにやさしい場所になるのではないだろうか。

小学館 2007年刊行  本体1400円+税

Amazonでのご購入はこちらです

モノとわかれる!生き方の整理整頓


何年も開けていない箱が入ったままのクローゼット。詰め込みすぎで、開けるのにもひと苦労する引き出し。そして、モノが多すぎるために、探しものに無駄に消えていく時間・・・・・・。それでもなかなかモノを手放せなかった私が、アメリカでの「生活オーガナイザー」との出会いにより、ようやく生活の大改革に成功。「モノとの別れ」は、自分にとってほんとうに大切なものは何か教えてくれた。もうこんなにたくさんのモノはいらない、もっとシンプルで、地球環境に優しい生活をしたい、と思っている人たちに読んでもらえたら、何より嬉しい。心を痛めないモノとの別れかた、モノの手放し先などの情報も充実。

岩波書店 2005年刊行 本体 1400円 + 税

Amazonでのご購入はこちらです

« Older Entries